MBA留学生帯同妻の生活 in ロンドン

夫に帯同してロンドンに来ることになった妻の生活の記録

ホテル滞在中の衣類の洗濯

スポンサーリンク

私たちは家に入居するまでホテルに滞在していますが、その間洗濯などをどうしているかということについて書きたいと思います(^^)

手洗い

まさかの手洗いです(><)

日本からこういうものを持って来ていました。

f:id:haisetan:20170728190042j:image

旅行用のワンパックタイプの洗剤です。

f:id:haisetan:20170728190211j:image

水38Lに対して一袋が目安だそうです。

ドラム式の場合、衣類3〜4kgに対して一袋。

ビックロで買いました♪

 

コインランドリーに持って行く場合も、軽くて便利ですよね!

私たちのいるホテルの近くにもコインランドリーがあるとこの間教えてもらったのですが、結局節約を選んで手洗いすることにしました(教えて下さったSさん、本当にありがとうございます!)。

それと、また後で書きますが、この洗剤だとコインランドリーだと不適切だったかもしれません。

 

2〜3日おきに、基本的には私が手洗い洗濯をしています。

夫は不動産とのやりとりやその他もろもろを担当していますから、役割分担ということですね。

やる分には良いのですが、下着など洗濯物を手渡してくるときにいちいち夫がニヤニヤして「いいの?」とか言ってくるのが呆れます。

ニヤニヤすんじゃねぇ!早く渡せ!こちとら早く終わらせたいんじゃ!って感じです(; -∀-)

 

洗面台で適当に洗って、バスルームにこういう感じで干してます。

f:id:haisetan:20170728191339j:image

干す場所が足りない時にはクローゼットの中などにも。風の通りが悪いですが(*_*)

でもなんだかんだで、雨以外のとき窓を開けて一日干してると乾きます。 (^^)

 

イギリスの洗濯事情

これもこちらで教えてもらったのですが、イギリスは硬水なので、この洗剤は新しい家では使わない方が良いそうです。

石灰質が多い水なのでこれで洗うと固まって洗濯機などにこびりついてしまうとかで。

こっちの洗剤には溶かす成分が少し入っているらしいですが、カルゴンという溶かすもの自体も売っていて、洗剤+(必要な場合)柔軟剤+カルゴンを洗濯機に入れて洗濯する人も多いそうです(カルゴン入れなくても良いという人もいる)。

 

今回は手洗いだし洗剤も少ししか使わないので、日本から持って来たこれを使いましたが(今の所苦情なし)、新しい家からは上記のような感じでやっていきたいと思います。

 

ではまた!