MBA留学生帯同妻の生活 in ロンドン

夫に帯同してロンドンに来ることになった妻の生活の記録

【奮闘記】イギリスで銀行口座をやっとこさ開設【必要書類も】

スポンサーリンク

やっと銀行口座が開設されて、家にデビットカードが届きました。

f:id:haisetan:20170810200043j:image

ここまで長かったです_:(´ཀ`」 ∠):

 

最初に必要書類などまとめると、

 

必要書類は

  • パスポート
  • BRPカード
  • 学校からのオファーレター
  • 住所証明のための公共料金の請求書

 

でした!

 

最初はロイズバンクに行った

実は最初は、2週間前くらいにロイズバンクに行っていました。

 

オファーレターなどが無くても、不動産の契約書だけですぐ開設できた!という情報をネットで見たのです。

 

家を契約してから、一刻も早く携帯電話やインターネットの契約をしたかったため、家の契約が済んだらすぐに、ネットでまずオンラインアプリケーションに記入し、申し込みました。

 

そして次の日土曜日でしたが、すぐに土曜日空いている店舗を探して出かけました٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و

 

オックスフォードサーカスあたりの中心部に、土曜日もやってる窓口が数箇所ありました。

 

ロイズバンク1店舗目

まず1店舗め。

f:id:haisetan:20170810211705j:image

 

夫「銀行口座を開設したいんですが。ネットでもう申し込んで、これが予約番号です」(画面見せながら)

銀行員「パスポートとBRP(IDのこと)見せて。なんか書類ある?」

夫「不動産の契約書あります」

銀行員「フーン、学校からのレターは?」

夫「ないです」

銀行員「じゃあダメ。できない」

 

と言われて、ダメでしたorz

なんか言い方も目線も厳しかった。。

 

ロイズバンクはゆるいんじゃ無かったの⁉︎(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

とりあえず、諦めたくないので比較的近くにあったもう1つの店舗に向かいました。。

 

ロイズバンク2店舗目

気を取り直して2店舗目へ。

今回はアジア系のお兄さん。

 

夫「銀行口座を開設したいんですが。そんで、ネットで予約もしてて、持って来た書類はこれです」

もうさっさと自分からパスポートとBRPと不動産の契約書のコピーを出すw

銀行員「ああ、はいはい、これね。コピーじゃなくて原本ある?」

夫「あります。はい。」

原本を渡す。

銀行員「ありがと。これ、じゃあスキャンしますね。それで審査に出してみるんで」

夫「共同口座にしたいんだけど、妻のパスポートとBRPも出した方がいい?」

銀行員「そうだね。くれ」

私のパスポートとBRPも渡す。

銀行員「スキャン終わったから、はいこれ返すわ。とりあえず、受け付けました。今日から2、3日後に審査の結果が出て、その後2週間くらいでキャッシュカード届くから。今日はもう終わりです」

夫「ありがとうございました」

 

という感じで受け付けてもらえました!

店舗によって対応違いすぎwww

 

もう、完全に口座開けたわ!と思い込んだ夫と私。

晴れ晴れとした気持ちで帰宅。

 

その2、3日後。

 

なんと審査に落ちました、口座開けませんというメールが‼︎

 

ハァ、、まじか。

 

ロイズはゆるいんじゃ無かったの⁉︎(2回目)

 

 

口座がないとネットも携帯も契約できない(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

今使ってるプリペイドのSIMもギガ数的にもう少しで使えなくなる!!

と思ってTOP-UP(電話番号そのままに追加で通信量を買うこと)をしようと思ったが、なんとクレカが無効!!!ε-(´∀`; )

クレカの登録住所がUKじゃないかららしい!

なんだそりゃ!

ピンチ!!!

 

夫「そんじゃ大人しく学校からレターもらうか。また一週間後になるかも」

妻「オナシャス」

 

_(┐「ε:)_

 

オファーレターを持ってバークレイズへ

夫、オファーレターを入手。

 

すぐ銀行に行くことに。

ロイズはもう嫌だったので、次はバークレイズに行くことにしました。

 

バークレイズに行くとまず、新規口座開設の人のための申し込みコーナーがありました。

f:id:haisetan:20170810202605j:image

 

そこで、タッチパネルで操作します。

f:id:haisetan:20170810202729j:image

 

学生口座みたいな項目があったので、まずそれにしてみました。 

名前、住所、電話番号、学校情報などを記入。

住所証明で公共料金の請求書が必要ということでした。

 

夫「やばい持って来てないわ。。」

 

ですが結論から言うと今回は申し込みの段階だからなくて良くて、次に行った時に持っていけばOKだったので大丈夫でした。

 

とりあえずタッチパネルで申し込んで、その番号を窓口に持って行きます。

 

夫「口座を開設したいんですが。これが予約番号です」

銀行員「パスポートとBRPある?あと書類」

夫「これです。はい」

持って来たオファーレターを渡す。

銀行員「フムフム、オッケーじゃあ予約取るから、また明日来て。」

 

すんなり受け付けてもらえました!

というかまだここは予約の段階なんですけどねε-(´∀`; )

 

次の日、夫が一人でバークレイズに向かいました。

 

詳細は分かりませんが、今度は公共料金の請求書も持って行ったところ、それが効力を発揮して、受け付けてもらえたそうです!

 

銀行員「デビットカードは5営業日以内に届くから」

 

妻もデビットカードが欲しいので共同口座にしたいと言うと、それは学生口座では無理だから一般口座で、となってまた前日に入力した個人情報を入力し直したらしい。

 

前日の時点で言われても良かったようなw

 

デビットカードは大変便利なカードで、支払い時にカートを通すとそのまま銀行口座から引かれるというものです。クレカのように前借りではないんです。

個人的にはこっちの方が良いな!

前にアメリカ行った時も作ったし、欧米では一般的みたい。

 

で、妻もデビットカードを持つ場合、妻の名前が記載された公共料金の請求書が必要だそうです( ;´Д`)

 

うーん、今の所、夫の名前でしか請求書が届いてないんだが、大丈夫なのだろうか…

 

心配☆

 

とりあえず夫は1つしか作れなかったらデビットカードは私が使っていいよとは言ってくれてます。

 

多分MBAのメインプログラムが始まったら忙しいから、私の方が買い物する頻度が高くなるからだと思いますが…

 

でもやっぱり2人とも持ってた方が良いから、なんとか連名で請求書送ってもらえる方法を探ってみようと思います。

 

バークレイズ、その後

銀行から帰って数日後、是非アプリ使ってねというメールが夫に届きました。

早速ダウンロード。

f:id:haisetan:20170810205144j:image

アプリはこういうやつで、残高とかチェックしたりできるみたい。

 

夫「アカウントナンバー書いてあるから、これはちゃんと口座開設できたってことじゃないか!?」

妻「っしゃーーーーーー!!」

 

というわけで無事開設できたようです。

 

 

そして今日、デビットカードが届きました。

 

早い!!2、3日で来た!!

 

 

これで、ネットも携帯も契約できるし、そうなれば生活インフラがほとんど整うということになります。

 

契約しに行くのが楽しみ!

 

滞りなく契約できると良いなあε-(´∀`; )