MBA留学生帯同妻の生活 in ロンドン

夫に帯同してロンドンに来ることになった妻の生活の記録

なぜか脱水されずにびちゃびちゃになって出てくるイギリス洗濯機との格闘

スポンサーリンク

イギリスの洗濯事情は日本のそれとは全く異なります。そのせいで洗濯機とかなりの格闘をする羽目になりまんた。

 

まず、洗濯機はキッチンについています。

最初見たときの違和感すごかった...!もう慣れましたが。笑

これが普通みたいで、フラットではほとんどこうなっているようです。

↓キッチンの下にある洗濯機

f:id:haisetan:20170809010541j:image

たくさんのモードがあるイギリスの洗濯

そしてモードがたくさんあります。教えられたのは、

  • 白コットン(綿)は90°C、脱水は1400回転
  • カラーのコットン(綿)は60°C、脱水は900回転
  • 化繊は60または40°C、脱水は700回転(確か...

↓モードがたくさんある

f:id:haisetan:20170809010607j:image

こ、細かい。。

温度設定があるのは、イギリスはお湯で洗うからです。日本は水ですね。

 

この洗濯機は乾燥機はついていませんが、ついているものももちろんあります。

このモード、日本では、全ていっぺんに入れていましたのでなかなか最初は覚えるのが大変でした。

 

ちなみにこの白コットン、カラーのコットン、化繊でそれぞれ使う洗剤も違います。。(-_-;)

f:id:haisetan:20170809010850j:image

これはいつも洗濯機に入れる3セットの写真です(洗剤+柔軟剤+カルゴン)

写真右が、カラーコットンの服用の洗剤です。この他に白コットン用の洗剤と漂白剤なしの洗剤?があります。。

私もまだ覚えきれていません(´-ω-`)

イギリスの洗濯では硬水対策にカルゴンを使う

前の写真のカルゴンについてですが、これはイギリスの硬水を軟水にするためのもの、、です多分。

f:id:haisetan:20170809010933j:image

硬水のままやると服が痛む、というか硬くなる?あと白がだんだんグレーになる?(これは本当にグレーになるらしいですw)とかでこれが必要らしいです。

この硬水、結構厄介で洗濯以外でもいろいろ大変なのですがそれはまた今度。

 

なんか業者の方にはソーダクリスタル(これも軟水にする効果があるらしい)で十分みたいなこと言われたけど、どのくらい入れたらいいのかとかよくわかりませんでした。

それで結局、一回につき一つ入れればいい分かりやすいカルゴンを選びました。

f:id:haisetan:20170809010956j:image

これが一回分。洗剤と一緒にドラムの中に放り投げます。

洗濯機との格闘

イギリスではネットに入れて洗濯したほうがいい!という情報を持ってましたので、たくさん洗濯ネットを持ってきました。

 

業者さん「通常モードだと時間かかっちゃうんで、クイックモードがオススメですよ」

 

見たら白コットンは通常モード(洗濯、すすぎ、脱水)で2.5時間、カラーコットンは1.5時間でした。

クイックモードだと白コットンは1.5時間、カラーコットンは1時間くらいで終わります。

脱水がうまくされずびちゃびちゃで出てくる

使い始めて、 クイックモードでもっぱらやっていたのですが、度々不具合が起きるようになりました。

 

なんと、ピーピー鳴って終わったと思って開けて洗濯物を手に取ると、ずしっ。。なんかやたら重い。。

 

最初の頃はよくわかってなかったので、あれ、こんなだったっけ?と思いながら、干していました。

 

次またやってみて、開けてみると、また重い。。

 

おかしい。

水が滴っているわけじゃないけど。

 

まさかこれ脱水されてないんじゃないの!?

 

と思いました。

 

この前干したやつも結局乾いたときパキパキになってたからな。。柔軟剤使ってる意味なす。。

 

そして1.5時間待っていたにも関わらず、その後改めて脱水(13分)をかけることに。。

 

この脱水も、できてたりできなかったりするんです。キーッ!

 

試行錯誤1

何がダメなんだろうと考えて、

「洗濯物が少なすぎるのがダメなのかな?」

 と思いました。

結構こまめに洗っていたので。

 

そして次はある程度の量を入れてみることに。

 

結果、できたりできなかったり。。

そんでこれ、白コットンがうまくできたと思えばカラーコットンがびちゃびちゃで出てきたり、カラーコットンがうまくできたと思えば、白コットンがびちゃびちゃで出てきたりして、何が何だかわからん!!

 

びちゃびちゃで出てくるたびに落胆して、脱水を改めてするんですがマジでめんどい。。クイックモードの意味!!

 

試行錯誤2

 

夫「もしかしてクイックモードの機能が衰えてんじゃない?」

私「そうかも。。通常モードで回すようにしてみるか。。」

 

と思い長い時間かかってもいいからと思って、通常モードで回すことにしました。

 

通常モードで回して一回目、昨日。

 

うまくいきました。

 

私「やっぱりクイックモードがダメだったのか〜♪ 時間長くなるのは嫌だけどこれからは通常モードでやろう〜♪」

 

そして今日、また白コットンを通常モードで洗濯機にかけました。

 

なんと、、びちゃびちゃになって出てきた!!!

 

キーーーーーーーッ!!!!ヽ(`皿´#)ノ

 

バスタオルを握ってみると、じわっと水が。。

 

もう本当に「なんなの!?」と思って、そこにあったバスタオルを床に叩きつけました。

 

そして拾いました。。

 

洗濯機相手に本気でブチ切れる私。。トホホ

 

試行錯誤3

でもこのときハッと思ったんです。

もしかして、むしろ量が多いのがダメだったんじゃ?

もっと言えば、一つのネットに全ての洗濯物を入れて回してたのが、ダメだったんじゃないかって。。

 

だから、クイックモードでもよくできたりできなかったり、通常モードでもよくできたりできなかったり、白コットンでもカラーコットンでもよくできたりできなかったりしていたのではないかと。

 

できなかったのは、脱水だけ。すすぎはできている。

一つのネットに全て入れていたから、それがお湯を含むと大きな重い塊になってしまい、脱水できなくなっていたのではと。

 

と思って、脱水も単独でやってたまにちゃんとできたりできなかったりしてたのですが、とりあえず分けてやってみました。

 

1回目。

 

うまく脱水できました。

 

次はバスタオル。バスタオルは、最近いつも脱水できてなかったけど。。

 

f:id:haisetan:20170809010758j:image

 

バスタオルもできました!!

 

おお、おおおおおおおおおおお

 

この仮説は、正しいんじゃないか!?!?

 

検証を重ねる

次、さらに仮説を検証するために、カラーコットンを、いつも洗濯ネット一つにまとめて入れていたものを、二つに分けて洗濯してみました。

量は同じで、二つに分けただけです。 

f:id:haisetan:20170809010825j:image

 

ちゃんと脱水までできました!!

 

そして今日、さらに検証するために、クイックモードで、いつもより多めの量を、3つのネットに分けてやる、という感じでやってみました。

これが成功すれば、ネットを分ければ多めの量をクイックモードでちゃんとできる、ということの証明になります。 

f:id:haisetan:20170810054950j:image

 

結果、、

 

できました!!!私歓喜!!!!!

 

格闘を終えて〜洗濯機は正しく動いていた。間違っていたのは私でした〜

洗濯機さんは自分のキャパの通りに、正しく動いていました。

 

全てはネットに全部の洗濯物を入れて、洗濯機さんに負担をかけていた私のせいでした(泣)

 

そして最初の仮説の

「洗濯物が少なすぎるのがダメなのかな?」

これがその後をややこしくしていた!!!くそー!!普通に考えたら少なすぎてダメとかないわ!!!

 

とりあえずは、いろいろな試行錯誤を経て今のところはまともに使えるところまで来ることができました。

 

化繊とかまだやってないのですが、またいろいろ調べながら今後も仲良くやっていきたいと思います。