MBA留学生帯同妻の生活 in ロンドン

夫に帯同してロンドンに来ることになった妻の生活の記録

夫の大学の先輩に会う。ラーメン屋『金田屋』とロンドンで初のパブへ 〜官僚の待遇の悪さにも注目〜

スポンサーリンク

先日夫の大学の先輩がロンドンにいるということで、お会いすることになりました(というか私はただ付いて行った形ですがw)。

 

トッテナムコートロード駅の近くにあるラーメン屋、「金田屋」で待ち合わせ。

途中、バスが全く動かなくなった(なんか先が事故かなんかで)ので、30分以上歩きました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

歩いたせいで待ち合わせに遅れましたが(すみません(´༎ຶོρ༎ຶོ`))、とりあえずお会いできてホッ。

 

着いたら結構並んでいました。人気なんだな〜♪ そこから十数分待って、中へ。

 

金田屋でとんこつラーメンを食す

↓これがメニュー

f:id:haisetan:20170812070113j:image

ラーメンの種類は、

  • とんこつX
  • とんこつ
  • チャーシュー麺
  • スパイシー柚子ラーメン
  • 激辛
  • トリュフラーメン

と、こんな感じ。

トリュフラーメンとか、どんな感じなんだろう??かなりユニークですよね。

 

とんこつXと、とんこつの違いは、とんこつXの方が少しマイルドな感じらしいです。こっち(X)のが強そうなのにね。

私はとんこつXにしました。

麺の硬さも選べたので、ハード(硬め)にしました。

 

来たのがこちら。

f:id:haisetan:20170812071931j:image

まず、普通に見た目が美味しそう。

 

スープを一口飲んで、驚愕!!

めっちゃ美味しい!!

 

思わず夫と「これは、良い!!」

 

と言い合いました。

 

麺も硬めのがすごいスープにマッチして、かなり美味しかったです。

 

ほんとに、これは、良い。

 

このお店は、私の行く予定の語学学校からも近いので、これからも行く機会は多くなりそう( ˆoˆ )/

 

このとんこつXは値段も値段も£10.5と、ロンドンでは良心的!

 

ちなみに、近くに一風堂もあったので、そちらにも行ってみたいですね。

 

金田屋ホームページ ・地図

Kanada-Ya | London specialists in authentic Japanese ramen

その後、ロンドンで初のパブへ

その後、先輩が行ったことあるというパブが近くにあったので、そちらへ移動。

 

↓パブ「Prince Of Wales」

f:id:haisetan:20170812074015j:image 

 

ギネスにしました。

f:id:haisetan:20170812074240j:image

 

お店の中はもちろん、お店の外でも、いろんな人がお酒を楽しんでいました。複数で来ている人もいれば、1人で来ている人も♪

 

私たちはここに2時間くらいいました(^o^)/

 

この先輩、すごく面白くてほんとに時間を忘れて楽しむことができました。

 

なんか配偶者の知り合いに会うとなると、自分はサブキャラ的な立ち位置になるのでいろいろと緊張しますが、この日はそう感じませんでした。

 

先輩がすごいいい方だったのと、私も関心のある分野でお仕事されていて色々興味深い話を聞けたからかなと思います。

 

この方は官僚の方で、日本の経済状況や今後についてなどいろいろ話を聞くことができました。

 官僚の興味深い話

日本はどんどん衰退

話を聞いて、日本は本当に今後ますます経済的に厳しくなって行くなぁと思いました。やはり超高齢化社会と少子化が問題ですね。。

 

もう詳細は忘れましたが(おい)、経済成長に必要な要素は、資本、生産性、労働人口とあるらしく、全てにおいて日本は乏しい(乏しくなる)傾向であるということです。

 

これからますます国際社会における日本の存在感はなくなっていくかも(爆発的な転換が起こらなければ)。今はまだ大丈夫ですけどね!これからのお話。

 

となると、個人の幸せを追求する方向になるのかな〜なんて話してましたけども(官僚の前でw)。

 

割に合わない待遇の日本の官僚

そして官僚の方の(特に若手の)待遇の良くなさ、というかなんというか。考えさせられましたね。なんかイメージではもっと貰ってるようなイメージでしたがそんなことなく、むしろやってる仕事に対してで考えたらかなり少ないような…。

 

労働時間も長いし、国会での議員からの質問への応答も官僚が考えているらしいです。知らなかった!「政府の見解」として官僚が用意するそうです。だから国会は、もう質問と答えが決まっていてそれを会場でやりとりするだけだって。じゃあ国会って何!?国会中継ってテレビ番組!?

 

で、そんな感じでやることは多いのに、社宅の部屋は12平米らしいです。涙出るわ。いやまじで。。

 

そんなあまり良いとは言えない待遇を知っていてなお、官僚を選んだということだから、応募する人は本当に日本のことを考えて応募する人が多いのだなと思いましたし、この先輩もそうみたいです。頭が上がりません。

 

この先輩もめっちゃ優秀なのにすごい謙虚で、イギリスに来たのも経済学を学びに来た(留学)とか。まだまだ分からないことがあるから〜ということを言ってましたが、経済学のスペシャリストなのに謙虚だな〜と思いました。

 

「ビジネスは自分の専門だから、MBAでは知識で言うと学ぶことがあんまない」とか抜かしてる夫にもその謙虚さを見習って欲しいです。笑

 

まあ本人はそう言いつつ一応勉強への意欲は高いみたいですけど=3=3

 

この先輩は、私の「官僚はめっちゃ貰ってんじゃないか」とか「天下りはどうなの」とか言うドシロートな質問にも快く答えてくださいました。器の大きい方ですね。事前知識もなくこんな質問をした自分が恥ずかしくなるレベル。笑

 

夫はこの先輩に大学時代すごいお世話になり、人間的にもすごい好きだし尊敬する的なことを言ってたのですが、よーく分かりました。

 

先輩は「駐妻のブログとかで官僚の待遇の悪さとか発信してよ〜w 啓蒙活動!」

 

とか言ってまして、その場では特にブログやってるとか言わずに(知られても特に問題はないけど)流しましたが、でも話を聞いて少しは日本を支えている人のことを知ってほしいと思い今書いているわけです。

 

書きましたよー!w

 

とにかくいろいろ考えさせられましたね。

 

今日学んだこと

・日本は今後ゆっくり衰退していく

・日本のこと考えて働いてる官僚の待遇が悪すぎる

・本当に凄い人は自分のことを大きく見せようとしない

・人間謙虚さが大事、ユーモアが大事

・つまり凄いのに謙虚でユーモラスな人最強!

 

 

このお方はロンドンではなくケンブリッジに行くそうです。

 

是非夫とケンブリッジに遊びに行こうと思います。